TOP > スポニチ紙面特集一覧 >

警戒ヤマメ 軽快大ヒット「放流魚も捨てたもんじゃない」

【奥山文弥の釣遊録】

多摩川

 3月に入り、各地の渓流が次々に解禁になっています。多摩川の上流部の山奥では野生魚の姿も見られますが、東京・青梅市内ではほとんどが放流魚です。

 しかも解禁日の解禁時間が正午なので、午前中に放流するという釣り堀のようなスタイルが長く続けられています。釣るために放流する「プット&テ

(続きを読む)