TOP >

お魚図鑑一覧

アイゴ

■口が小さく、背ビレ、尻ビレ、腹ビレなどの棘には毒腺があるので注意。 ■黄褐色に白い斑点が基本...

アイナメ

■クジメに似るが測線は5本あるのが特徴。 ■水深1〜30mの岩場や海藻の多い場所を好む。 ...

アオリイカ

■ヒレが外套の縁部全体にあるためコウイカと間違われやすいが、石灰質の甲はない。 ■沿岸の浅い岩...

アカアマダイ

■アマダイの仲間には本種の他、シロアマダイ、キアマダイがいるが、もっとも評価が高いのがシロアマダイで...

アカカマス

■昼間は群れで沿岸の岩礁域に潜み、夕暮れから活発に小魚を捕食する。 ■カマスの仲間ではもっとも...

アマゴ・サツキマス

■西日本の特産種で別名アメノウオとも呼ばれる。 ■渓流魚だが、降海してサツキマスと呼ばれるよう...

アユ

■日本人に古くから親しまれてきた淡水魚。 ■稚魚は春先に河川にそ上、川で一夏を過ごし産卵する。...

イサキ

■幼魚には3本の黄色い縦帯があるが、成長とともに不明瞭になる。 ■黄色の縞が残った若魚をウリン...

イシガキダイ

■石垣模様は成長すると薄れ、口に周辺だけが白くなるのでクチジロと呼ばれる。 ■イシダイより南方...

イシダイ

■磯や沖合いの岩礁帯に生息。幼魚は横縞がはっきりでるが、老成魚になると縞は消え、口の周囲だけが黒くな...

イスズミ

■関西ではイズスミの方が通りがよい。 ■夏から秋は付着性の動物を食べ、冬場にハバノリを食べ出す...

イトヨリダイ

■水深40〜100mの泥底に生息するが、まれに波止周りでも釣れる。 ■体側に黄色の縦縞が6本走...

ウスバハギ

■沿岸に広く分布し、表層、中層に群がることが多い。 ■幼魚は流れ藻について育つ。 ■大き...

ウスメバル

■トゴットメバルと混同されるが、本種は背の斑紋が褐色で丸くない。 ■水深40〜150mの岩礁帯...

ウナギ

■マリアナ諸島西方海域が産卵場所で幼生となってから海流に乗って陸地に近づく。 ■河川の全域、湖...

ウマヅラハギ

■カワハギより顔が長く、馬の面に似ているところから名が付けられた。 ■沿岸から沖合の底層に生息...

ウミタナゴ

■海藻の繁茂する内湾の浅い海域に数多く生息する。 ■体色は赤みがかったり、青かったりとさまざま...

ウメイロ

■水深20〜150mの岩礁域に生息し、動物プランクトンが主食。 ■深場釣りの人気魚種で紀伊半島...

カタクチイワシ

■吻が突き出し下顎が上顎より短い。 ■大きな群れで表層を中心に遊泳する。 ■食用とされる...

カツオ

■春に北上するものを初ガツオ、上りガツオと呼び、秋に南下するものを下りガツオと呼ぶ。 ■死後、...

カワハギ

■幼魚は流れ藻に付くが、その後海底生活に移行する。 ■水深5〜20mの砂地に点在する岩礁帯がポ...

カンパチ

■30cmくらいまでの若魚では頭部背面に八の字型の帯がある。 ■沿岸の表層を遊泳するがブリほど...

キジハタ

■赤みがかった褐色の体色に瞳と同じ大きさの橙赤食の斑点が多数散在。 ■岩礁帯や波止周りの捨て石...

キチヌ

■クロダイに似るが腹ビレ、尻ビレ、尾ビレが黄色くなる。 ■クロダイよりも低水温に強いといわれて...

キュウセン

ベ■ラの仲間でもっとも低水温に強く、北日本にも分布する。 ■夜間は砂に潜り眠る。 ■小さ...

キンメダイ

■アコウダイと並ぶ深海釣りの人気魚種。 ■水深100〜250mに生息するが成長にともなって20...

クエ

■磯釣りの底物の中ではもっとも大物。 ■離島の底物釣りではヤイトハタなどと混同されることがある...

クロソイ

■目の斜め下にある涙骨に顕著な3本の棘がある。 ■北日本では50cmを超すサイズも釣れる。 ...

クロダイ

■波止、磯、筏から人気のターゲット。 ■主に水深50m以浅に生息。 ■幼魚は塩分濃度の低...

クロマグロ

■典型的な紡錘形の魚体に胸ビレは短い。 ■日本近海で育った後、太平洋を横断する。 ■ 歯が...

クロメジナ

■メジナと酷似するがエラ蓋後縁が黒いことと、尾ビレ後縁が比較的深く湾入することで区別できる。 ...

ケンサキイカ

■ヤリイカに似るが触腕などは太く、胴体もやや太め。 ■若い個体は外套がより太く短い。 ■...

ゲンゴロウブナ

■飼育型はヘラブナと呼ばれ、管理池でのターゲットになる。 ■大きくなるほど体高が著しく高くなる...

コイ

■日本人に親しまれる代表的な魚の一つで江戸時代から養殖されている。 ■本来は関東平野、琵琶湖な...

コウイカ

■甲の後端の棘は外套膜の後端から突き出ている。 ■雄は外套にある模様が明瞭。 ■沿岸の水...

コブダイ

■タイと名が付くが実はベラの仲間。 ■黒潮の影響が少ない日本海や瀬戸内海に多い。 ■雄は...

ゴマサバ

■マサバに似るが体の断面がマサバより丸く、腹側に黒色の斑点が散在することが多い。 ■春から夏は...

サヨリ

■下顎が伸びた魚体が特徴。 ■下顎の先は赤くなる。 ■外洋、内湾を問わず広く分布しており...

シイラ

■外洋の表層を数匹から数百匹の群れで回遊する。 ■流木や流れ藻に付くことが多い。 ■昼間...

シマアジ

■群れで沿岸を回遊する大型のアジ。 ■引きは非常に強いが口が弱いため、無理をすると口切れでばら...

シロギス

■水のきれいな内湾や内海の砂泥底に住む。 ■主に昼間に行動し数尾から数十尾の群れで移動する。 ...

スズキ

■体長20cmまでの幼魚は体側上半部に多くの小黒点を持つものもあるが成魚になると消滅する。 ■...

スルメイカ

■外套に幅の広く黒い帯が入っているのが特徴。 ■昼間は沖合の中層に群れ、夜間はやや浅場へ浮いて...

ソデイカ

■暖海性の大型イカで外套の側縁全体にヒレがある。 ■冬場の日本海沿岸に現れ、最近では専門に狙う...

タチウオ

■初夏から秋に沿岸の浅場に寄り、日中は砂泥底に身を潜めるが、夕暮れ以降摂餌のため浅いタナへ浮いてくる...

チカメキントキ

■以前は50cm近い大物が釣れたが最近では見なくなった。 ■水深100m付近の岩礁に群れている...

チダイ

■マダイに似るが尾ビレの後縁が黒くないことと、エラ蓋後縁が赤いことで区別される。 ■9〜11月...

トゴットメバル

■沖のやや深い岩礁帯で釣れる。 ■目の斜め下の涙骨に2本の棘がある。 ■海底よりもやや上...

ナマズ

■河川の中、下流域、湖沼のなどの砂泥底をすみ家とする。 ■肉食性でかえるや小魚などを捕食。 ...

ニザダイ

■尾柄部に通常4個の棘(骨質板)があり、釣り上げたときにはけがをしないよう注意。 ■石灰藻類を...

ニジマス

■1877年アメリカから移入さてたのが始まりとされる。 ■養殖が盛んで渓流の管理釣り場ではおな...

ニベ

■地方によってシログチやコイチと混同されることが多い。 ■沿岸のやや深い砂泥底に生息する。 ...

ネズミゴチ

■内湾のごく浅い砂底に住む。 ■一般的に関西でガッチョと呼ばれる中には本種を始め数種類が混同さ...

ヒラスズキ

■スズキより体高があり、下顎に鱗の列があるがスズキ、タイリクスズキにもこの特徴を持つ個体がいる。 ...

ヒラマサ

■ブリによく似るが上顎の後端上隅の角が丸くなる。 ■表層から岩礁帯の中、底層にも住み、イワシ、...

ヒラメ

■カレイに似るが口は大きく鋭い歯を持ち、小魚などを食べる。 ■頭を下にすると口の左に目がくる。...

ブダイ

■海草類、底性動物などを食べる雑食性で鱗は大きく、体色の変化も大きい。 ■夜はサンゴの隙間や岩...

ラージマウスバス

■オオクチバスとも呼ばれ、1925年に芦ノ湖に移入されてから、移植、放流などによって広がった外来魚。...

ブリ

■大きさによって呼び名がかわる出世魚。 ■ヒラマサに似るが、上顎の後端上角が角張るのが本種。 ...

ヘダイ

■クロダイに似るが体側面に灰黄色の細い縦縞があることと、背ビレの軟条が13本と多いことで区別できる。...

ホウボウ

■胸ビレ内面は縁辺部が鮮やかな青、内部は濃いウグイス色に青色班が散在し、非常にきれい。 ■日本...

ボラ

■紡錘型で受け口の体型が特徴。 ■ハク、オボコ、イナ、ボラ、トドと成長にともなって呼び名がかわ...

マアジ

■側線全体に稜鱗がある。 ■根に付くものと回遊するもので体色などに差が大きい。 ■群れで...

マアナゴ

■頭部や体側の側線各孔に明確な白い点が並ぶ。 ■春から夏に沖合へ、秋から冬には沿岸へ移動する。...

マイワシ

■普通は体側に数個の黒斑点が並ぶ。 ■春から夏に北上、秋から冬に南下する季節回遊を行う。 ...

マコガレイ

■カレイの中ではやや暖海を好む。 ■水深120mまでの砂泥底に潜み、晩秋からは産卵のため浅場へ...

マゴチ

■水深30m以浅の砂泥底に生息し、小魚などを捕食する。 ■照りゴチと呼ばれるように真夏が旬。 ...

マサバ

■沿岸を大群で回遊する。 ■ゴマサバに似るがマサバの方が体の断面が平たい。 ■春から秋は...

マダイ

■チダイに似るが尾ビレの先端縁が黒くなるので区別できる。 ■水深10〜200mに幅広く生息する...

マダコ

■沿岸の岩礁域や砂礫底に住む。 ■石の下などに巣穴を掘って生活する。 ■エビ、カニ類など...

マトウダイ

■体側中央に白く縁取られた大きな黒斑がある。 ■大きな口の上顎が著しく伸び馬の顔のようになる。...

マハゼ

■内湾、河口など砂泥底に幅広く生息する。 ■純淡水域に入ることもある。 ■イソメ、ゴカイ...

マハタ

■若魚は体側に7本の褐色黄帯がある。 ■マハタモドキに似るが本種は尾ビレの後縁が白い。 ...

マルアジ

■沿岸から沖合にかけて生息するムロアジの一種 ■マアジほど体高がなく、断面が丸く感じられること...

メイチダイ

■シロダイに似るが体高がやや高いことや背ビレと尻ビレの外縁が白くないことで区別される。 ■浅い...

メジナ

■体型はタイに似て体高がある。 ■魚体は全体に黒っぽい。 ■近縁のクロメジナとは尾ビレの...

メダイ

■幼魚は流れ藻に付くが、成魚では水深100mを越える深場で釣れる。 ■小型の甲殻類・イカなどを...

メバル

■内湾の岩礁帯に多く生息する。 ■目が大きく名前の由来にもなっている体色に変化があり、別種であ...

ヤマメ・サクラマス

■アマゴに似るが体側に朱点がない。 ■生活スタイルもアマゴに似て、降海するとサクラマスと呼ばれ...

ヤリイカ

■外套が細長く他のイカに比べると触腕が著しく短い。 ■冬から早春にかけて産卵する。 ■俗...

ワカサギ

■汽水域や海で群泳するが淡水にも適応するため、湖沼への放流が行われている。 ■本来は産卵期のみ...

スモールマウスバス

■湖沼や河川になどに生息する北アメリカ原産の淡水魚。 ■同種のラージマウスバスよりも比較的冷水...

クロメバル

■メバルの中では一番岸に近い浅場に生息。 ■住処の色によって体色に違いが出る。 ■春告魚...

コノシロ

■内湾や河口の汽水域に生息する。 ■産卵期は初春から初夏まで。 ■日本でなじみがある魚で...