TOP >

日和佐沖

日和佐沖

徳島県南東部に位置する日和佐沖は、和歌山県沖からの黒潮の分流と大阪湾からの潮がぶつかり合う場所に位置し、この潮の影響により多くのプランクトンが発生し、それを狙った様々な魚種が集まるフィッシングスポットです。

沖合いには『海部沖パヤオ』や『甲ノ浦沖パヤオ』などの浮き漁礁が設置され、更には四国でも有数の大物を狙えるスポットである『大正瀬』などが有り、キハダマグロやシイラを狙ったルアーゲームや、カンパチやブリなどの青物を狙ったオフショア・ジギングゲームなどの他、沿岸の磯周りではヒラスズキなども狙う事が出来、季節に応じて様々な対象魚を楽しめます。

ボートフィッシングでは落水時の事故防止の為、ライフジャケット(救命胴衣)を必ず着用し、ショアもしくはウェーディングで釣りをする場合、立入禁止区域や危険区域での釣行は行わないよう心掛けて下さい。