TOP >

瀬戸内荘内半島

瀬戸内荘内半島

瀬戸内海に面する荘内半島は多くの漁港が点在しており、高瀬川や江尻川など複数の河川が流れ込んでいる、香川県を代表するソルトウォーターのメジャーフィールドです。

浜辺や磯場など変化に富んだ地形を有し、シーバスを始めヒラメやマゴチ、タチウオ、メバル、ソイなど、季節に応じて様々な対象魚を狙った釣りが楽しめる他、ここ数年ではアオリイカのエギングも盛んに行われています。

ボートフィッシングでは落水時の事故防止の為、ライフジャケット(救命胴衣)を必ず着用し、ショアもしくはウェーディングで釣りをする場合、立入禁止区域や危険区域での釣行は行わないよう心掛けて下さい。