TOP >

雄蛇ヶ池

雄蛇ヶ池

千葉県東金市に位置する雄蛇ヶ池は、1614年に潅漑用貯水池として作られた歴史有るフィールドで、最盛期になると水面にはハスや藻、周囲にはアシが生い茂り、倒木や立ち木などの豊富なカバーを狙った釣りが楽しめます。

池の周囲は4.5kmとやや小規模ですが、遊歩道も完備されており、ボート以外にも足場の良いショアからも充分釣りが楽しめる上、近年では50cmを越えるビッグバスが数多くキャッチされており、県内外のアングラーから注目を浴びています。

また雄蛇ヶ池で釣りをする際に入漁料は不要ですが、 ボートの持ち込み、エンジンの使用、フローターでの釣り、遊歩道への夜間立入は禁止されていますので注意して下さい。